学長の私がHAGISOの展示を紹介します。

 HAGISOで4月5日(金)まで展示中の東京藝術大学正門再生プロジェクト。

 その展示内容を紹介します。

 100年ほど前に制作されたレンガの展示です。実際のレンガ組みを再現し、柱の構造がわかるようになっています。

 柱に立てかけてあるのは藝大正門に使用されていた銘板です。私が藝大生の頃は、毎日この銘板を見ながら通っていました。

 展示パネルでは、銘板が実際に使用されていた当時の様子を伺い知る事ができます。大正~昭和~現在まで、時代の移り変わりとともに環境は変化しましたが、正門は変わらず藝大生を見守り続けています。

 100年後も変わらず藝大生を送り出すために、正門再生プロジェクトを実施していきます。

One Reply to “学長の私がHAGISOの展示を紹介します。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です